免疫力の高め方と最新研究

免疫力を高めるには

看護師

がんが恐ろしいのは完治したと思っていても体の中にとり切れずに残ったがん細胞が体の別のところで再発してしまうことです。これを転移と呼びます。しかし私たちで転移を防ぐ方法はいろいろとあるので、いくつか紹介します。まず、転移を防ぐために最適な一番の方法は免疫力を高めるということです。免疫力が弱いと癌だけではなくいろいろな病気にかかりやすくなります。転移を防ぐために免疫力を高める方法としては規則正しい生活を送ることが一番です。つまり、バランスの良い食事をとり、適度な運動を心がけ、十分な睡眠をとって、常に体調をベストな状態に整えておくことが同時に免疫力を高めるということにつながるのです。特に一度がんの治療を受けた方はこの規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

今後の研究

現在、一般的に行われているがん治療としては大きく3つの種類があります。一つは人の手によって、つまり手術によって病巣を取り除く外科手術、一つは癌細胞を死滅させる薬を体内に入れてがんをなくす化学療法、一つは放射線をがん細胞にあててがん細胞を死滅させる法放射線療法です。現在、がんに対して取り組んでいる最新の医療研究は癌の特効薬を作るという研究です。つまり、今まではできたがん細胞だけを取り除くという治療だったのが、癌の発生原因である遺伝子の異常を治療しようというレベルの治療方法に移行しようとしているのです。とはいえ、多段階遺伝子異常が原因であるがんに対する治療の研究はこれからも発展途上であるといえます。

高齢者に多い病気の一つ

老夫婦

がんの多くは症状が出にくいため発見が遅れがちですが、胆のうがんも同様に発見がしづらいものです。ですがいまは治療方法もあるので、60歳を過ぎたときから早めに検査を行いましょう。

詳細を確認する...

がんの放射線治療について

医者

ある程度進行した咽頭がんの場合には、現在定位性の放射線治療が多く選択されています。この放射線治療は、限られた部位に放射線を当てることが出来るため、体へのダメージが少ないとして人気です。周辺組織にダメージを与えずにがんを攻撃出来るのが、この治療の特徴と言えます。

詳細を確認する...

発症を防ぐ工夫や治療方法

医者

すい臓がんは発見されにくく、そのため転移が進んでしまいがちです。しかし超音波検査などを受けることで早期発見が可能になりますし、生活習慣における工夫で発症リスクを下げることも可能です。また、早期発見の場合は手術をして病巣を摘出することができます。その場合は転移も防がれやすくなり、完治が可能となります。

詳細を確認する...